ログイン 新規登録
 
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
ショップ特製品  
オリジナル商品  
阪急電鉄関連商品  
MODEL524 阪急関連パーツ  
レールクラフト阿波座  
松本商事  
レイルロード  
でんしゃふぁくとりー  
トレジャータウン  
KATO (N)  
KATO Assyパーツ  
TOMIX (N)  
鉄道コレクション  
バスコレクション  
マイクロエース  
グリーンマックス  
MODEMO  
新幹線  
蒸気機関車  
ワールド工芸      (Nゲージ)  
ワールド工芸     (HOナロー)  
ワールド工芸(HO)  
ワールド工芸     (Nナロー)  
TOMIX (HO)  
KATO (HO)  
ジオマトリックス(インレタ・標識板)  
能勢電鉄1000系(TOMYTEC)  
アルナイン  
アルモデル(HOナロー)  
プラッツ  
Bトレイン  
いさみやロコワークス  
トーマモデルワークス  
アルモデル(HOゲージ)  
ナローガレージ  
あまぎモデリングイデア  
津川洋行  
マスターピース  
イーグルスMODEL  
 
     
 
     
      072-751-9678  
 
    メールはこちら
 
 
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
 
 
 
   KATO (N) > 機関車 > EF58 150 宮原機関区ブルー(KATO 3049-2)
 
 
 
前の商品 EF58 150 宮原機関区ブルー(KATO 3049-2) 次の商品
 
 
EF58 150 宮原機関区ブルー(KATO 3049-2)

拡大 ( Size : 27 kb )
 
製造元 : KATO
定価 : 6,500
価格 : 5,200円(税込5,720円)
20% off
数量    売り切れ
 
 
 
  実車ガイド
EF58 150号機は昭和33年(1958)3月東芝府中工場で製造され、東海道本線から山陽本線へと電化が進む幹線の特急牽引用として、宮原機関区、宮原運転所(現在の宮原総合運転所)を起点に長い間活躍し続け、平成23年(2011)、ついに廃車となりました。
現在は、保存への期待が高まる中、静かにその時を待っています。
KATOは、初代ブルートレイン20系の最後を飾った、快速「さよなら20系客車」牽引当時の姿をプロトタイプにしたJR時代のEF58 150 宮原運転所に続き、東海道・山陽本線でブルートレインや郵便・荷物列車を牽引した国鉄時代、宮原機関区所属時代のブルー姿をプロトタイプにした製品化いたします。

特徴
EF58 150 宮原機関区ブルー
昭和50年代、宮原機関区時代をプロトタイプに製品化。
・一般色と呼ばれるブルー塗装の姿を再現。
・屋根はブルー塗装。
・車体一体表現(ナンバープレート、メーカープレート)
・エッジの利いた前面中央の鼻筋を再現
・低い位置に取り付けられたヘッドマークステーを再現
・分割のない前面ステップを再現
・乗務員扉下部のカバン掛け、手すりは無い状態を再現
・パンタグラフは、PS15(黒)を搭載
・列車無線アンテナは付きません。
・ユーザー付けパーツは、銀の握り棒、信号炎管、ホイッスル

●運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)
●車体表記をリアルに再現
●フライホイール搭載動力ユニット採用
●ヘッドライト 点灯
●アーノルドカプラー標準装備(KATOナックルカプラー付属)
●単品

(KATO 資料より)

Copyright © イケダモデリング WebShop All Rights Reserved.     072-751-9678
商号名 : イケダモデリング   代表 : 高雄 誠
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 大阪府池田市五月丘2-2-17